一般的なインプラント治療の術式《2回法》

 インプラント治療の中でも核となる処置が、「インプラント埋入手術」です。

インプラント埋入手術には大きく分けて「1回法」と「2回法」があります。 まずは現在最も多く行なわれている「2回法」について、説明していきましょう。 インプラント2回法
@局所麻酔後に歯肉をはがし、あごの骨を露出させ、インプラント体を埋め込む穴を掘り、埋め込みます。その後歯ぐきを元に戻し、縫合閉鎖します。これを「1次手術」と呼んでいます。

A1週間前後で抜糸を行ないます。そしてインプラント体と骨がしっかりくっつくまで経過を見ます(上あごで6ヶ月以上。下あごで3ヶ月以上)。

Bインプラントが骨としっかり結合したら、再度局所麻酔を行い、歯ぐきの中に埋まっているインプラント体にアタッチメントを取り付けます。これを「2次手術」と呼んでいます。

C歯ぐきの上に露出させたインプラントと歯ぐきがなじんだら(1〜2週間程度)、土台になるパーツを取り付け、歯型を取ります。

Dオーダーメイドで作成された人工歯をセットしたら完成です。

一般的なインプラント治療の術式《1回法》

いわゆる「2次手術」を省くことで治療をシンプルにしたのが、「1回法」です。
インプラント1回法
@局所麻酔後に歯肉をはがし、あごの骨を露出させ、インプラント体を埋め込む穴を掘り、埋め込みます。その後歯ぐきを元に戻し、縫合閉鎖します。

ここで2回法との違いは「インプラント体が見える状態で縫合する」ということです。これにより、2次手術が必要なくなります。

A1週間前後で抜糸を行ないます。インプラントが骨としっかり結合するまで3〜6ヶ月待ち、その後土台になるパーツを取り付け、歯型を取ります。

Bオーダーメイドで作成された人工歯をセットしたら完成です。

その他の術式

 一般的な術式以外にも、インプラント体を埋入する方法があります。現状としては、使用するインプラントの種類や 手術を行なう執刀医の好みによるため、実際相談してみないとどの方法で行なわれるのかはわかりません。

●抜歯即時インプラント法
 歯が残っている場合、通常であれば抜歯後いったん傷口が回復するのを待ちますが「抜歯即時インプラント法」はその名の通り抜歯したその日にインプラントを 埋入します。

フラップレス手術法
 歯ぐきをメスで切開することなくインプラントを埋入する術式です。術中術後の痛みや腫れ少ないのが特徴です。 ただし経験豊富で熟達した技術が必要なため、フラップレス手術法を行なっているところは多くありません。



Designed by CSS.Design Sample