笑気吸入鎮静法とは?

笑気吸入麻酔器

 インプラント治療かかわらず、歯科治療に恐怖感や緊張感を強く感じる方は少なくありません。
 そこでむさしの歯科インプラントセンターでは「笑気吸入鎮静法」を用いることにより、 緊張を和らげ、リラックスした状態で治療を受けられるように最新式の笑気吸入装置を導入しております。
●誰でも麻酔をする時の針のチクッとする感覚や、歯を削る時の感覚や音、歯の神経を取る時や歯を抜く時の 痛みなどは恐怖に感じるものです。
●そこで、笑気を吸入することにより、これらの痛みや恐怖をできるだけ取り除くことができます。



笑気鎮静法を使うと意識がなくなったり眠ってしまったりするの?

 全身麻酔ではなく、笑気吸入鎮静法ですので意識を失ったり眠ってしまうことはありません。 この方法は、呼吸や血行を抑制する事はなく意識も保たれた状態にあります。
 また、疼痛閾値(痛みを感じる限界)が上昇することによって痛みを感じにくくなったり、 時間感覚が鈍くなる事によってあっというまに治療が終わったように感じるという利点もあります。
 

笑気吸入鎮静法は誰でもできるの?

 お子様も含めてほとんどの方に安全に使用することができますが、以下の方は 控えた方が良いでしょう。

●妊娠初期の方
●呼吸器疾患(ぜんそく、肺気腫)の方
●かぜや花粉症のために鼻が詰まって鼻呼吸が困難な方
●過去に笑気ガスを吸って不快感を感じたことのある方

笑気ガスには副作用はないの?

 笑気ガスは体内で分解されません。 つまり化学変化を起こさないため、肝臓、腎臓、その他の代謝系への影響はありません。 そのままの形で、呼吸によって体外へ排出されますので、副作用はありません。
 ですからお子様も含めてほとんどの方に安全に使用可能です。

笑気吸入鎮静法はどのように行うの?

@ 治療台に寝ていただきます。

A 鼻マスクをかけ、まずは酸素のみで規則正しく呼吸します。

B 笑気の濃度を徐々に上げながら、適度な鎮静状態へと導きます。 少しお酒に酔ったような気分になったり、うとうとした状態になります。

C 5分ほどして、鎮静状態が確認されれば歯科治療を開始します。疼痛閾値が上昇しているのであまり強い痛みを感じません。

D 治療が終了すれば、100%酸素または空気に戻します。

E しばらく休憩すると、15分程度で普通の状態に戻りますのでそのまま帰宅できます。特に生活の制限はありませんが、 車の運転をされる場合は少し長めに時間をおいたほうが良いとおもいます。待合室でゆっくりされてからお帰り下さい。

Designed by CSS.Design Sample